SEOとはなにか

SEOとはなにか

自身でブログやネットショップを運営されたことのある方は、必ずと言っていいほど"SEO"という言葉を見たり聞いたことがあるかと思います。

SEOとは、Search Engine Optimizationの頭文字であり、その意味は"検索エンジン最適化"となります。

もう少し噛み砕いて説明をすると、

検索エンジン(主にGoogle)が推奨している構造にウェブサイトなどを設定する。

といったような意味になります。

そうすれば、検索エンジンの検索結果に表示される頻度や状況が増え、より多くの人が自身のウェブサイトに来てくれるように(理論上では)なります。

では、そのSEOというものは、具体的に何をすればいいのか?

という質問に対して、よく聞くのが

「記事や商品の説明に、ヒットさせたいキーワードを入れましょう」

「リンクを購入して、被リンクを増やしましょう」

といった、(少なくとも現在は)的外れなアドバイスが、驚くべきことにいまだに多い印象です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

そもそもなのですが、特定の検索結果で上位に表示させることは"ゴール"なのでしょうか?

個人差はあると思いますが、

「もっと多くの人に記事を見てほしい」

「たくさんのお客様に来てもらって、売上を伸ばしたい」

などといった方が、本当のゴールに近いのではないでしょうか。

そうなると、まず本当に必要なことは実はSEOではなく、

"この記事を読む人は何を求めて自分のウェブサイトにアクセスし、そして何を知りたがっているのか?”

もしくは、

"自分は何を伝えたいのか?"

といった、要求や欲求の根本に立ち返り、そして、それをかたちにすることです。

まずは、コンテンツ(内容)があってこそ。

そこではじめて、今までよく耳にしてきた"SEO対策"を施す準備ができ上がるのです。

以下で、その理由を具体的に説明します。

  1. コンテンツ・イズ・キング
  2. SEOの重要性
  3. まとめ

コンテンツ・イズ・キング

コンテンツ・イズ・キング

検索エンジン(断トツの)最大手であるGoogleは、検索をしたユーザーが満足できる結果を表示するということを常に最優先にしています。

なぜなら、満足度が高ければ検索回数が増え、検索回数が増えればGoogle広告などの収益が増えるためです。

Googleは創業当初、なんの順位付けもされていないインターネット上で

"良いウェブサイトは、他のウェブサイトから数多くリンクされている"

という法則性によってシステムを開発。星の数ほどあるウェブサイトを順位付けすることによって整理し、ユーザーの利便性を高めました。

その後、それならばと無意味なリンクを数多く設定したりといった、いわゆるブラックハットSEOというものを駆使し、不正に検索順位を上げると言った手法が持て囃されるようになります。

前述した、"キーワードを入れる"、"被リンクを買う"などは、このようなブラックハットSEOが多少なりとも有効だった時代の名残りです。

そんな中、Googleは常に検索エンジンを改善し続け、ユーザーの利便性を下げる事になりかねないSEO対策は現在、無意味どころか逆効果にさえなり得ます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

また、そもそもSEO対策をしなくてもSNSからの流入によって、一定の成果を上げている方もいます。

自分の周りだけでも、まったくSEO対策がされていない、無料で作成したECサイトに、インスタグラムなどからの流入のみで売上を上げている方も数多く存在しています。

こういった方にとって一番重要なのはもはやSEOではなく、SNS Optimizationとでも言うべき、SNS最適化になるでしょう。

ここで言うもっとも効果的なSNS最適化とは、好意的なリツイートなどで引用・紹介をしてもらうことになります。

ユーザーが”無料で”あなたの記事や商品の紹介をする理由は、それが為になる内容であったり、興味が持てる写真や動画だったりするからです。

以上のような理由から、SEO対策は他にも存在する施策のうちのあくまで1つであり、絶対的なものではありません。

ですが、コンテンツが優れてさえいれば、どのような流入経路から来るユーザーに対しても、効果的な訴求ができるということは明らかです。

SEOの重要性

SEOの重要性

コンテンツ・イズ・キングなのであれば、内容がすべてであり、SEO対策はしなくてもいいのか?

もちろんそうではありません。

SEOのOである、Optimization(最適化)の本来の意味を考えれば、必ず行わなくてはならない施策の1つです。

届けるべき人に正しいかたちで届ける。

これがSEOの本質であると自分は考えています。

いくら優れた絵画でも、額縁がしっかりしていないとその絵の良さというものは伝わりづらくなってしまいます。

SEO対策とは、しっかりとした額縁を作る作業に似ています。

また、そのような理想論だけではなく実際的な問題でも、いくらSNSなどからの流入比率が増えてきているとはいえ、検索結果からの流入は他に比べて遥かに多く、今後しばらくもっとも重要であることは間違いありません。

最大のユーザーの流入経路に対して無対策というのは、とてつもなく大きな損失に繋がります。

ですが前述したように、むやみにキーワードを入れるなどの施策は一見お手軽で効果がありそうですが、現在は逆効果になる可能性が非常に高い施策です。

それならどうすればいいのか?

細かなテクニックなどは置いておいて、もっとも重要なことを注視した時に、ここでまた、コンテンツの質が重要になってきます。

あなたがインターネット上で何かを見た時に感動したり、これは良い記事・商品だと思って深い満足感を得たことがあるかと思います。

極論に聞こえるかもしれないですが、あなたが思うよりも遥かに、その感動や満足感は検索順位に反映されています。

そんな訳がないだろう。と思うかもしれませんが、優れた記事であればじっくりと読まれて滞在時間が伸び、他に同じような商品があるのに、説明が丁寧で安心感のある特定のお店からだけ商品が売れる。

そういった膨大なデータから完全ではないにしても、ある程度信憑性のあるコンテンツが持つ『質』を見出し、検索結果に反映をさせているのは間違いありません。

まとめ

SEOというといまだに営業電話などで、お手軽で分かりやすい(でもほとんどが無意味な)テクニックばかりを聞かされるのが現状です。

AI・機械学習などが駆使され、少し前と比べると極度に高度化した検索エンジンは複雑さを増すがゆえに、現在のSEOは抽象的にさえ聞こえるほど分かりづらくなってきています。

そういった現状の中で売り文句として、キーワード、被リンクなどと営業をしてしまうのも、ある意味仕方のない事なのかもしれません。

ですが何度も言うように、まずあなたが書いた内容や作られた商品への説明がないと何も始まらないのです。

あなたの考えや、紹介する商品は、多くの時間を費やして培われ、制作されているはずです。

そうであるならば、その時間のほんの少しだけでもいいので、インターネット上で紹介するということに時間を使ってみてください。

文章が書けない、写真が汚い。

大丈夫です。そう思えるならほとんど問題はありません。

少しでもいいので時間を使って文章を書き直し、写真を撮り直してください。

あなたが思うよりも、そのかけた手間や熱い思いは伝わります。